形状指示

鉄道橋梁の井筒に用いられた異形煉瓦にはその形状を示する記号が打刻されたものが多い。時代と地域、異形煉瓦の形状によって種々の系統があり、それを見比べるための便としてこのカテゴリを設定した。

源泉は明治9年大阪~京都間鉄道の建設の頃にはすでに始まっており、例えば桂川橋梁の初代橋脚井筒では”A”、”B”、”D”、”E”の4種類を見ることができる(これに加えて井筒上部工の小アーチに使う中厚普通煉瓦には”C”が打刻されている)。桂川橋梁の井筒は径12ftの円形井筒で、内側から撥形-撥形-扇形と積む段と扇形-扇形-扇形-撥形と積む段を交互に積み(すなわち煉瓦部は2枚半巻。内側は煉瓦屑やコンクリートで充填)、そのため扇形3種・撥形1種を要した。この形状を明示するためにA~Eの4種のアルファベットが使われている。これらは桂川橋梁付近の工事に限ったものだったようで大阪府上神崎川橋梁の12ft井筒では別種の刻印が検出されているーーー桂川橋梁の左岸には京都~大阪間鉄道の建設に煉瓦を供給したという浅田政三の煉瓦工場があった(『日本鉄道請負業史』)。桂川橋梁のA~Eはこの工場で採用していた印とみられる。上神崎川橋梁は堺の鉄道寮の工場、後の原口煉瓦の製品とみられるーーー。この時代にはまだ規格の概念が淡く現場限り工場限りのやり方で行われていたのだろう。

明治20年前後に東海道線建設が始まった頃には積み方が改められ、またその積み方および煉瓦形状が規格化され全線的に採用されたようである。即ち積み方は内側から撥-扇と扇-撥の段を繰り返す一枚半巻とし、撥形は共通で弧長の異なる扇形2種を採用した。12ft円形井筒では外側扇=A、撥=B、内側扇=Cとし、9ft円形井筒では12ftCを外周扇に流用、撥=E、内側扇=Dは9ft向けに新たな寸法で作られるようになる。この形状と形状を示す記号は後年の定規規格に受け継がれていく(M29 )。

東海道線の建造物(中京・静岡県下)では形状指示にアルファベットではなくカタカナを採用したものがほとんどである。すなわち”エー”、”ビー”、”シー”等。工場を示す印は異なるが形状指示は同じであるので鉄道作業局が要求した仕方であったのかも知れない。広域で一気呵成に工事を進めるにあたり工事に精通しない職人も多く参加することが予想されたため誰でも読めるカナ文字を採用したのだろう。ただし静岡県第二浜名橋梁の残存井筒(9ft円形:M20.12.)には”E”とみられる刻印煉瓦があり、厳密に統一されていたわけではなかった。また木曽川橋梁井筒に使用されていた”シー”のように煉瓦形状と形状指示印が合致していない例もある。もちろん無刻印の異形煉瓦も多々存在する。

明治10年代末から20年代にかけての東海道線建設においてそのような試行がなされたのち、その成果をもとにしてM29、M30に12ft・9ft円形井筒、および楕円形井筒(長径14.5ft/短径8ft)の鉄製沓および煉瓦の規格が定められ、以降この形状が定着することになる(『「ウヱル」使用異形煉瓦雛形並配置図及「カーブシユウ」図面ノ件』)。この規格では厚は2-1/4inchで統一されていたが(これはM24に定められた普通煉瓦の規格『明治24年11月18日甲第1137号(経理課長達)煉化石検査標準の件』に合わせたものとみられる)、厚さに関しては東海道線工事時代の肉厚仕様(厚74~78mm)を踏襲して作られたものが多い。例えば桂川橋梁上神崎川橋梁複線部の井筒など(いずれもM31複線化)。

なおM29の楕円形井筒の規格では”甲”、”乙”、”丙”、”丁”の4種類の異形煉瓦が定められたが、静岡県第一浜名橋梁の井筒周辺で”甲”字を添えた煉瓦断片が検出されている。複線化で増築された橋脚に使用されていたものか(該橋脚は変則的な小楕円形井筒で、外周2枚分は石巻きで建造されている)。M20代に築かれた楕円形井筒でどのような煉瓦が使用されたかははっきりしないが、その径が各橋梁でまちまちであったこともあり場当たり的に使用されたものと想像される。天竜川橋梁の左岸側井筒跡では24ft/12ftの楕円形井筒であったにも関わらず12ft用”ビー”が見られるので、12ft・9ft用に製造した異形煉瓦を流用しつつ作ったのだろう(濃尾地震後に煉瓦橋脚に作り変えられた長良川橋梁では7種類の異形煉瓦を用いたという記録がある。『工学会誌』127巻「長良川鉄橋改築工事報告」参照。またM27から建造が始まった関西鉄道揖斐川・長良川橋梁も6種類の異形煉瓦+1種類の肉厚普通煉瓦で長径30ft/短径15ftの楕円形井筒が構築された。『土木学会誌』第7巻第1号「軟弱なる地盤に建設せられたる橋脚橋台の構造と竣成後25年間の経過に就て」)。

兵庫県高砂市別府では省線構造物では見かけない大型の撥形煉瓦に”C”を打刻したものが検出されている。別府は大正期に煉瓦工場があった地域なので、私設鉄道が採用していた規格で製造したものか、あるいは単に円筒形状を構築するための独自規格であったかも知れない(印南台地に建設された淡河疎水では各所に円筒形の抜気塔が作られている。大型の円筒形煙突も使用先として考えられよう)。また堺市南三国ケ丘町では扇形異形に”B”を打刻したものが市街地で見つかっている。三重県桑名市の勢陽組跡地や同社製品が使われた諸戸家住宅でも形状指示つきの異形煉瓦を多数検出する。諸戸家の蔵や壁は明治28年に放火により焼失したのを大急ぎで再建したものといわれ、勢陽組工場に残っていた残余煉瓦を転用したものとみられる(勢陽組工場を引き継いだ水谷工場もこの頃まで操業)。

異形煉瓦はその特殊な形状のため余ったものを転用しにくいが、諸戸家煉瓦蔵のように強引に流用したものもある。工場跡近傍で未使用の単体転石を検出することも多い。興味深い例としては静岡県石部トンネルの南口坑口で、これは明治40年代に複線化した際に旧坑口も合わせて延伸しており、その両坑道に挟まれた筐体積みに撥形異形煉瓦が大量に転用されている。外部から見えない位置なので多少不格好でも問題ないと判断されたのだろう。ここに使われている異形煉瓦は9ft円形井筒の”E”と小楕円形井筒の”乙”。この2つは小口の幅が約1/2インチずつ違うだけで撥の開き方はほぼ同じであるため混用しても問題なく積める。

9ft円形井筒を採用していた湖東線仁保川橋梁の近傍では小口に”イ”字を打刻した撥形異形煉瓦を検出する。該煉瓦には平に”丙+漢数字”あるいは”丁+漢数字”の刻印があり、小口”イ”は識別印ではなく9ft用撥形異形煉瓦”E”を示しているものとみられる(「イ」=「イー」=「E」)。扇形煉瓦については確認できていないが同様のカナ指示印が見られるものと想像する。この小口”イ”煉瓦と同じものが中川煉瓦ホフマン窯の天井部分に見られ、中川煉瓦あるいはその前駆体である湖東組の製造した製品であることは間違いない。中京地域で検出する東海道線建設時の形状指示がカナであることを考えると該煉瓦も湖東線開業時のもの=湖東組製品である可能性が高い。

①仁保川橋梁
9ft “E”
湖東組

②前河原避溢橋
12ft “B”
湖東組

③瀬田川橋梁
12ft/9ft “C”
湖東組?

④揖斐川橋梁
12ft “A”
西尾士族生産所

⑤木曽川橋梁
12ft “B”
西尾士族生産所?

⑥揖斐川橋梁
12ft/9ft “C”
西尾士族生産所

「 形状指示」カテゴリーアーカイブ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com