増田煉瓦? MASUDA RENGA

樽井煉瓦の化粧煉瓦に酷似した平全面の刻印。大正6 年(1917)から昭和10年頃まで操業が確認できる増田煉瓦(増田窯業所)(大阪府中河内郡瓜破村東瓜破2049)の製品と推定される。TRADE MARKは樽井煉瓦の社章を上下に断ち切った形で(平野転石参照)、どう考えても同社のプレス型を流用した節があるのだが、両社の関係はまったくもって不明である。

工場所在地や東西瓜破では発見できなかったが、工場所在地を通過する東高野街道を北上していくと、喜連、平野などでこの煉瓦を検出する。平野では角丸異形煉瓦とともに転じていたが、そちらは平を窪めてあるだけで刻印はなかった。樽井煉瓦製品は角丸煉瓦にも「タルイ」「TARUI.GO」が刻まれている。

「 増田煉瓦? MASUDA RENGA」カテゴリーアーカイブ