”□+漢字”刻印

姫路駅旧転車台や山陽鉄道建設線の構造物で確認されている刻印。径1.5cmほどの□の中に漢字を容れたもので、「製」「吉」「末」「廣」「煉」「化」「造」「賣」「部」の9種類が確認されている(兵庫県文化財調査報告第403号『豆腐町遺跡II』)。この他西宮市西宮戎神社東方の道路改修に際して「賣」刻印の煉瓦が(単体遊離で)出土(『西宮神社社頭遺跡発掘調査報告書』)。

使用社についての確定的な情報はないが、豆腐町遺跡出土の刻印の漢字、および戎神社社頭で出土していることから、西宮市に操業していた勝部煉瓦製造所ではないかと想像する。同社は第3回内国勧業博覧会に山陽型煉瓦の出品実績がある。この他西宮では山陽鉄道建設期に辰馬組の煉瓦製造部が創業していた。

なお市川橋梁では”□+漢字”の他にも”乙”刻印漢数字刻印も検出されている。いずれも山陽鉄道特有の山陽型煉瓦に押されたものである。


「 □+漢字」カテゴリーアーカイブ