”短破線”刻印

破線刻印は畿内各所で様々なパターンが見られるが、なかでも阪鶴鉄道野田尾トンネルの近辺で検出されるものは幅のある歯車を転がしてつけたような短破線が特徴的。同トンネルが建設された頃(明治31年前後)は各地に新工場が乱立した頃で、どこの製品ともアテがつかないが、仮にこの形状が手がかりになるとすれば、その分布範囲から該当工場を絞り込めるかも知れない。ただし野田尾トンネルではこの短破線刻印以外にも単純幾何学模様の刻印が数種見つかっており、必ずしも短破線だけではないことは考慮する必要がある。


「 短破線(阪鶴鉄道系)」カテゴリーアーカイブ