敦賀港駅ランプ小屋煉瓦刻印

明治14年(1881)に開業した敦賀港駅(当時は金ケ崎駅)の跡に残るランプ小屋の煉瓦に見られる刻印。小口に押された径8mmほどの小さな印で、「木」「西」「土」などの漢字一文字を四角で囲む。

敦賀線の建設に要した資材は「金ケ崎丸」という名の資材運搬船で大阪から運ばれたとされるが、その就航以前から敦賀港~疋田間の建設は始められており、その際に地元で製造された煉瓦と推定されてきた。(実際この線の建設時に敦賀の天筒山=金ケ崎の官有地で煉瓦製造用の土を採取するための申請がなされている。滋賀県立公文書館蔵公文書)

が、神戸市長田区の川崎重工神戸工場脇のモニュメント「レンガのあゆみ」に用いられている煉瓦に「□+斗」がある。平に押された刻印だがランプ小屋で検出される「□+斗」と全く同じものである。この煉瓦は昭和53年に解体された建物ーーー川重労働組合事務所として使われていたものーーーから採られたといい、航空写真から判断するに北工場正門東側にあった建物と思われる。この一角は川崎重工飛行機部門が設けられてから工場となったエリアで、大正7年から操業を開始している。ランプ小屋管財表の建造年も大正7年である。

以上のような経緯から、敦賀港ランプ小屋は管財表の通り大正7年建造であり、関西圏で製造された煉瓦が用いられたのではないかと想像する。長田区にはちょうどこの頃操業していた長田煉瓦という工場があり、ここが供給した可能性が考えられるが、関西地方での検出例は今のところ川重モニュメントの一件のみである。

(大正7年頃福井県下にはいくつかの煉瓦工場があったが、その工場跡地や周辺では同型刻印は見つからなかった)


「 敦賀港駅ランプ小屋刻印」カテゴリーアーカイブ