敦賀港駅ランプ小屋煉瓦刻印

明治14年(1881)に開業した敦賀港駅(当時は金ケ崎駅)の跡に残るランプ小屋の煉瓦に見られる刻印。小口に押された径8mmほどの小さな印で、「木」「西」「土」などの漢字一文字を四角で囲む。

敦賀線の建設に要した資材は「金ケ崎丸」という名の資材運搬船で大阪から運ばれたとされるが、その就航以前から敦賀港~疋田間の建設は始められており、その際に地元で製造された煉瓦と推定されている。同型刻印は大阪府下では見つかっていない。

(このランプ小屋は大正七年の銘がある管財標が貼られている。この頃福井県下にはいくつかの煉瓦工場があったが、その工場跡地や周辺では同型刻印は見つからなかった)


「 敦賀港駅ランプ小屋」カテゴリーアーカイブ