成金社

明治20 年(1887)9月、いまの神明町西3丁・西2丁に設立。社長若井源左衛門。大阪日報M20.9.29.4面に同社広告があり社章が掲げられている。明治21年前半期には1ヶ月あたり30万個の製造実績(朝日新聞大阪版明治21年5月2日朝刊4ページ)。同年9月には若井氏の個人工場となる(若井煉瓦工場)。

神戸市外国人居留地に残る煉瓦壁に同社の刻印煉瓦が用いられており、現時点ではこれが唯一の検出例。同じ壁には「若井製造」や井桁若刻印煉瓦も使われており、成金商社→若井煉瓦の以降の端境期に建設されたものと推測される。


「 成金社」カテゴリーアーカイブ