”□+カナ”刻印

□+漢字”とともに姫路駅旧転車台から検出されていることから、少なくとも明治21年頃には操業していた会社のものと考えられる。その他で見つかっているのは京都市伏見区深草フチ町、豊中市中桜塚など。検出場所が離散的で特定には至っていない(深草フチ町には後に竹村煉化石製造所が興っている。M30)。むしろ”□+漢字”刻印の会社がこの刻印に移行した可能性を考えるべきかも知れぬ。


「 □+カナ」カテゴリーアーカイブ