”*”刻印

由良要塞虎島堡塁の本体工・厠に使用されている刻印。該当会社は特定できていないが、同堡塁建造時期に存在していた会社であることは間違いない。またこの刻印煉瓦が友ヶ島第二砲台の崩壊部に(たった一つだけ)混入している。平に長手を重ねて焼いた跡があり、これは他所ではほどんと見られない特徴的な焼成痕である。


「 *」カテゴリーアーカイブ