英字/英数字刻印

大阪市住友銅吹所跡から出土した英字・英数字印のセットに類似するものをカテゴライズ。銅吹所跡出土品は本館増築部の基礎から見つかったもので、A~Kの英字刻印、1~9の英数字刻印が混在していた。またこの遺構からは兵庫県印南郡の伊藤窯業「イ」、播煉「ヲ」なども見つかっており、大正期に印南郡辺から運ばれてきた煉瓦である可能性が考えられる。当の印南郡では”H”の検出例があるが、同型の英数字刻印は未見。

由良町民家壁では”H”に類似した印と英数字7~9が共使いされている。英数字は平の中央やや長手寄りに長手前で打刻される傾向が強い。英字刻印は長手前であったり小口前であったりする。

大阪府下では淀川以北を中心に分布。

「 英字/英数字」カテゴリーアーカイブ