”耳付き二重丸”刻印

泉南市の樽井煉瓦工場跡で検出されていたもので、二重丸の外側丸の左右に耳様の凸が付与された刻印。工場跡では居宅壁の天辺などに使われていた。同じ刻印の検出例はごくわずかで、京都府木津川市上狛の空き地で角丸化粧煉瓦に押されたものが採取されている程度である。


「 耳付き二重丸」カテゴリーアーカイブ