盛進組

明治19年から20年代中頃まで勢陽組の分工場があった若松村岸岡(現・鈴鹿市岸岡)にて検出。勢陽組印とともに転じており、また「伊勢白子」という表記もあるため、勢陽組の前身としてor後継工場として稼働していた工場の製品と推測される。

「 盛進組」カテゴリーアーカイブ