漢数字(西尾士族工場識別印)

西尾市街で見られる漢数字印。異形煉瓦に形状指示とともに打刻されていることも多く、西尾士族生産所工場で使用されていた添印のひとつと見られる。文字自体はそれほどでもないが、印の台座が太いせいで深く彫れ込んでいることが多く、そのせいで太い書体のように見えてしまう。

東海道線の井筒用煉瓦では浜名湖橋梁にみられる”イー”、”デー”に使用されており、またこの異形煉瓦が西尾市街にも多く転じていることから比較的後年に使用された識別印と考えたい。ただ”□+漢数字”パターンの印とともに転じている例もあり(西尾市菅原町漢数字□+漢数字)、また”□+漢数字”の”□”を取ったようなサイズ感のものもあって(西尾藩勘定場跡民家縁石)、明確に使用時期が分けられていたわけではないかも知れない。

「 漢数字(西尾士族工場識別印)」カテゴリーアーカイブ

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com