樽井煉瓦(化粧煉瓦・TARUI.GO)

平に「タルイ」「TARUI.GO」。水野信太郎「国内煉瓦刻印集成」によれば毛馬第二閘門に使用例があるとのことで、大正期に製造されていた化粧煉瓦と推定される。「GO.」は合資会社の略か。

天理市転石や中野町花壇縁石などで見られるものは通常の粘土を使用した通常の煉瓦に釉薬掛けを施したものだが、工場跡で採取したものは耐火原料かと思われる白い土を使ってあり全面が白色を呈している(さらに長手に茶色の釉薬がけ)。研究熱心だった姿が窺い知れる。

「 樽井煉瓦 TARUI.GO」カテゴリーアーカイブ