樽井煉瓦 TALUILENGA(化粧煉瓦大型刻印)

樽井煉瓦が得意とした化粧煉瓦のパターンの一。プレス成形で作られた素地に釉薬をかけて焼いたもので、平全面に「TRADE(社章)MARK/TALUILENGA」と刻まれている。「N」が反転しているのが印象的である(増田煉瓦参照)。

泉南市鳴滝には全面に釉薬掛けして敷石の用に供したものがある。また工場跡で採取されたものは長手の一方にだけ釉薬を施し残りの面は素焼きで残してある。メートル法を基準としたサイズになっているのも特徴的(戦前の煉瓦は尺寸で作られたものやインチに寄せた尺寸であることが多い)。

「 樽井煉瓦 TALUILENGA」カテゴリーアーカイブ