桜+カナ、桜+漢数字

関東地方では小菅集治監製煉瓦の刻印として知られ、花弁の脈や蕊なども再現した写実的な印影が特徴的な桜型刻印。関西地方では五弁の桜型の輪郭に漢数字やカナを添えたものが散見される。内包する文字は作業者の識別印の意味があると思われ、そのような体裁の違いから関西地方の工場が採用していた刻印と推定される。

検出例はさほど多くないが、大阪市天王寺区の真田山陸軍墓地(区画の敷石に”桜+四”)、都島区毛馬桜之宮公園干潟採取の煉瓦(”桜+ツ”)などがある。旧日本銀行京都支店(現・京都府京都文化博物館)の地階、宇治駐屯地外来宿舎等には機械成形煉瓦に打刻したものが使われており、特に日銀京都支店は明治39年竣工であるから、この時期に関西地方で成形機械を導入していた工場の製品だとはわかるが、そのような工場は3社しかなかった(明治31年大阪窯業、明治38年岸和田煉瓦、明治39or40頃?堺煉瓦。うち岸和田煉瓦は米国製の特異な機械であり成形痕が異なるため除外できる。結局のところ大阪窯業か堺煉瓦かということになる)。また宇治駐屯地では時期的に採用されていておかしくない堺煉瓦の刻印がほとんど見られない。以上の状況から、桜刻印=堺煉瓦がM39・40頃一時的に使用していた刻印と仮定すると種々説明が透るように思われる。”桜+カナ”刻印の煉瓦は堺煉瓦特有の赤紫色・小豆色に発色した煉瓦に似ているようにも思われる(例:“桜+ラ” on 機械成形@東大阪市稲田上町1)。

さらに宇治駐屯地には桜形に「クス」と漢数字四を添えた刻印が見られる。堺市八木氏邸宅勝手口の梅鉢+クス+漢数字刻印とも繋がっていきそうな印である(八木市邸宅の煉瓦には桜形の小さな印が押されたものもあった)。


「 桜」カテゴリーアーカイブ