小島煉瓦

南葛飾郡掖上村柏原に大正3年(1914)に創業。その直後に建設された高取町の延寿堂敷地内敷石にこの刻印煉瓦が使用されているほか、五條市、吉野町、十津川村などでも検出されている。何より柏原の市街地にこの刻印煉瓦を多く見る。野球のボールにも見えるが「小」の字を意匠化したものだろう。

工場主の小島安次郎は後に和歌山市に移転?


「 小島煉瓦」カテゴリーアーカイブ