安原煉瓦

現和歌山市江南にて大正7年(1918)~昭和14年(1939)頃に操業した工場。工場所在地の付近には焼損煉瓦が多数見られるほか、字江南ではこの特徴的な刻印煉瓦が散見される。ヤリもしくは矢に「ス」の文字で安原の「ヤス」を表した判じ絵と考えられ、同社の刻印と推定される。少なくとも「ス」は識別印ではないようである(現時点で見つかっている刻印はすべて「ス」である)。

工場跡地近くの畑に使われている焼損煉瓦からは刻印が確認できなかった(畑の畦に利用されているため掘り返して調べられず)。また安原在所では手成形無刻印煉瓦も多い。刻印を使用していたのは操業期間の一時期だけであったのかも知れない。


「 安原煉瓦」カテゴリーアーカイブ