和泉煉瓦(大正)

大正6年に素地工場として創業、翌年には株式会社し自社窯も建造して煉瓦を焼いた。『大日本商工録 第2輯』に社章が掲げられている。貝塚煉瓦に似た菱井桁だが、幅4cmほど・太線の井桁刻印が見つかっており、これが和泉煉瓦のものと考えられる。

堺東駅東方の路地にこの刻印煉瓦ばかりを使った溝があるほか、転石が各所で見つかっている。

大正11年に大阪窯業と合併し大阪窯業堺東工場となる。なお大阪窯業は明治40年にも和泉煉瓦という会社を合併しており、ここではそれと区別するために大正和泉煉瓦とした。


「 大正和泉煉瓦」カテゴリーアーカイブ