和田煉瓦

大正~昭和期に兵庫県印南郡にて煉瓦を製造。工場所在地の中筋在所でこの刻印が和田煉瓦のものであるという証言を得た(和田煉瓦で土運搬のトロ押しをしたことがあるという古老による)。

”ワ”刻印には書体の違いで様々なバリエーションがある。楷書体がもっともオーソドックスで、釘で”ワ”の字を表現したもの、それが左右反転してしまっているもの、ゴシック体(あるいはじゅん系というべきか)の”ワ”なども見つかっている。比較的盛んに操業したようで同形刻印は大阪市内や茨木市、岡山県三石などでも見つかっている(印南郡の煉瓦は大なり小なりそのような傾向がある)。

和田煉瓦ははじめ和田窯業所として出発、S2頃に株式会社化し、戦後には川崎重工業の炉材工場の時期を経て

「 和田煉瓦」カテゴリーアーカイブ