”井桁菱K”刻印

比較的最近製造された煉瓦であるらしく、和歌山市鳴神団地の軒先の小壁に使用されている(同所には和歌山煉瓦の分銅型刻印もある。同社は戦後も一時期製造を行なっていた)。貝塚煉瓦の井桁菱に似るが上記のような使用状況のため異なる会社の使用していた印と思われる。この他大阪市中央区の民家庭石、徳島県猪ノ峠旧道の小屋の転石でも検出されている。徳島県鳴門市の岸煉瓦の製品ではないようである(現存窯の周辺では刻印煉瓦を検出せず)。


「 井桁菱K」カテゴリーアーカイブ