亀甲+カナ(丸亀煉瓦?)

呉鎮守府建物、芸予要塞で同型刻印が採取されている(『街のいろはレンガ色』)。香川県丸亀市の丸亀煉瓦が亀甲に「煉瓦」の文字を社章としていた(『窯業銘鑑 大正13年版』)から、亀甲+カナはその識別印か。ただし丸亀煉瓦は大正9~15頃の操業で、呉鎮守府や芸予要塞の建設時期と合わないかも知れない(元文献には具体的にどの構造物という記述がなく製造時期を絞り込むことができない。後年の追築部分に使用されていたものとすれば丸亀煉瓦の操業年度と合うかも知れないが)。

関西地方ではほとんど検出例がないが、奈良県王寺町で1つを検出。また亀甲のみの刻印煉瓦が兵庫県尼崎市で見つかっている。香川・広島・愛媛の煉瓦は関西地方でも比較的よく見られるため丸亀煉瓦の製品が見られたとしても不思議ではない。

「 亀甲(丸亀煉瓦?)」カテゴリーアーカイブ