”ハ”刻印(中播煉瓦?)

直線状の二線を組み合わせた「ハ」の字。印南郡に最初に興った中播煉瓦(高砂市別所)の近傍在所にこの刻印煉瓦を使った壁があり、その他旧印南郡下で時おり検出される。識別印である可能性もあるが、釘印ではなく判による刻印である。また別所は播陽窯業の操業地でもある。故にこのマッチングは確実なイコールとは言い難い。(この刻印が中播煉瓦のものだとすれば同形刻印煉瓦が大阪府豊中市の岡町住宅地でも見つかっていることを説明しづらい。操業時期的にはあり得なくはないが)


「 中播煉瓦 ゴシック」カテゴリーアーカイブ