”ヘ”刻印

「ヘ」と読める刻印。識別印の可能性もないではないが、豊中市出土煉瓦(建物解体後の盤下げ工事中に壁体構造が出土)は判印刻印と釘で「へ」様の形を作った印の2種類が共使いされており、またこの2種だけで構成されていたから、社章的な意味合いで「へ」を押した煉瓦であることがわかる。尼崎市転石、高砂市転石も含めすべて長手前で押されているのも共通する。旧印南郡の別所窯業か。


「 へ(別所窯業?)」カテゴリーアーカイブ