左ズレ〓(大正丹治)

大正7年『京阪神商工録』には丹治煉瓦合資会社として記載があり〓を左右にずらした記号が社章として掲げられている。似たような刻印は府下各所で見つかっており、特に富田林市万里春酒造脇の敷石には左ズレの印と右ズレの印が共使いされている。左右のズレにこだわらず社印として用いられていたものか。


「 左ズレ〓(大正丹治)」カテゴリーアーカイブ